« れぽーつ | トップページ | さよならドビン »

2010年7月27日 (火)

金木犀の中間テスト

ひたすら溢れ出てくる汗をハンカチでふきふき、

坂道を登りながら、あれからもうすぐ1年近く経つんだなぁと思った。

新しい記憶が頭にどんどん蓄積されてくると、古い記憶はどんどん整理されて、記憶の棚の隅っこに追いやられていってしまうらしい。

これから生きていくであろう年数を考えると、今薄れかけている記憶は僕がおっさんになった頃にはどうなってしまうんだろうと、無性に不安になる。

それと同時に、今までにお別れしてしまった大切な人達の頭の中から、どんどん僕の存在が薄れていっているのだろうと思うと、寂しい。

辛いこともあったし、大切な人を傷つけてしまったこともあった。

その全部を、僕は忘れずにいなければならないと思う。

反省しなきゃいけないことがたくさんある。

焦らず、ゆっくり、誠実に生きていきたいと思う。

金木犀の香りが街に溢れる頃、自分の心の強さが試されるような気がする。

|

« れぽーつ | トップページ | さよならドビン »

にっき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1282443/35923223

この記事へのトラックバック一覧です: 金木犀の中間テスト:

« れぽーつ | トップページ | さよならドビン »