« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月20日 (木)

あじさい

去年の今頃をふと思い出しました。

ちょうど1年前の5月22日。

旅の出発日でした。

懐かしいなぁ。

結局、あの時旅に出て、その後大阪来て、

1年経って、やっと道が見えてきたような感じ。

去年の2月に鎌倉で手相占いを見てもらったことがあるんですが、

そのとき占い師さんに

「今年(2009年)は、開運の年。運が開けて良い事がたくさんある。でもその分悪い事もたくさん見えてくる。今年1年は色んなものをみて、道をきめるのは来年(2010年)にしなさい。」

と言われました。

ちょっと当たってるかもなぁ。

さて、もうすぐ6月。

鎌倉のアジサイが綺麗な季節です。

去年は海外にいて見れなかったから、今年は見に行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

残り1ヵ月

残り一カ月となった大阪での生活。

もともとずっと大阪にいる予定じゃなかったから、

大阪に根を張るつもりもなく過ごしていたけれど、

気がついたら大阪の友達も何人かできて、

仕事での人のつながりもできて、

ゲストハウスの居心地も良くなってきて、

自分で意識しないうちに、少しずつ根を張ってしまっていたようです。

言葉も若干大阪弁のイントネーションになっているみたい。

7ヵ月、大阪と言う街を旅することができたのは貴重な体験だったと思う。

大阪は学生の頃から何度も来ているけど、

住んでみて初めて分かったこと、地域性、大阪人の考え方なんかがありました。

ずっと神奈川に住んでいたら、きっと大阪はイメージとしての「大阪」でしかなかったと思うし、

大阪も含めて、関西の文化というものを理解できていなかったと思います。

だから、1年にも満たないわずかな期間ではあったけど、「日本」に対しての視野が少しだけ広まったような気がします。

そんな大阪で知り合った友人の一人が、僕と同じタイミングで東京に出るということを先日知りました。

大阪に来てすぐ知り合った広島出身の友達。

これも何かの縁ですね。

全ての出来事、全ての出会いには意味がある。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

カンガルー日記 その2

1日目に失敗に終わった自転車での和歌山遠征bicycle

翌日再アタックしようと思ったのですが、

2日目は時間的にも体力的にもしんどかたので、

大阪市内から南海電車traintrainで一気に和歌山まで行っちゃいましたsweat01

Dscf2048

和歌山市駅から徒歩10分。

ゴール地点の和歌山城sign03

Dscf2083

天守閣sign03

和歌山、江戸時代の紀州藩。

江戸時代の8代将軍は紀州徳川家から出たらしいです。

全く知らなかったけど。

僕的に、城を見るときは「石垣」を見ると面白いです。

Dscf2088

大阪城とは違って緻密な積み方がされておらず、隙間が多くて大雑把に見える。

でも、崩れないんだから逆にスゴイですねflair

この和歌山城の石垣に使われている石は、和歌山と大阪の境目近くにある、友ヶ島(トモガシマ)という島で採掘した石だそうです。

緑色ですごく綺麗。

いたる所にこの石が使われています。

Dscf2095_2

友ヶ島の石。

実は僕も持っています。

お守りとしてずっと持ってる石があるんですが、それが友ヶ島の石。

ちょうど5年前。

当時大学生だったあるカップルが

「友ヶ島(トモガシマ)」のことを「友々島 (トモトモジマ)」と勘違いして、

「ともともじま!ともともじま~!!」と言って、はしゃぎながら訪れていたのです。

若い二人はそれぞれに石を選んで、メッセージを書いて交換したのでした。

Dscf2151

そんな想い出の島の石がこんな立派なお城の石垣にも使われていたなんて・・・。

城内の敷地には立派な木や、綺麗な花たちがたくさんいました。

Dscf2071

Dscf2070

和歌山を訪れる数日前、僕の父親の誕生日だったのですが、

仕事がちょっと忙しくてプレゼントを送っていませんでした。

なので、和歌山で日本酒と紀州南高梅を購入して実家へ送りました。

良い歳して、もっとまともな物送れよって感じですね・・・。

親父も59歳かぁ。

親孝行もせず、好き勝手なことばっかりしててすみませんbearing 

来年還暦の誕生日は盛大にお祝いしなきゃな。

和歌山城を堪能した僕は、夕方に前日愛車のシボレー号を置いてきた樽井まで南海電車で行き、そこから大阪湾の夕焼けを見ながら4時間かけて大阪西成まで帰ったのでしたbicycle

Dscf2133

ちゃんちゃんchick

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

カンガルー日記 その1

「ナオキくんって、なんかカンガルーみたいっすねっ!!」

さっき、歯磨きの最後にほっぺたをふくらましながら口をゆすいでいたら、ゲストハウスの後輩で旅好きのマサくんに笑いながら言われました(笑)

カンガルーって・・・sweat02

さて、しばらくブログを書いておりませんでしたが、ここ最近色々とありました。

4/22~26、幼馴染のシンペイが横浜から大阪に来ていたので、毎晩遅くまで飲みながら、くだらない話から将来の話まで語り合いました。

同じタイミングで、4/22に去年バンコクのカオサンロードで知り合ったタッチャン、トシヤくん、タカシさんと飲みに行くことになっていたので、シンペイも参戦!!

夜の7時から夜中の2時までひたすら飲んで語って、食って語って、タバコ吸って語って、みたいな感じでかなり盛り上がりましたbeer

Dscf1991

旅仲間と日本で再会するのは本当に楽しいhappy02

でもって、4/27には、カンボジアのシェムリアップからタイのバンコクまで一緒のバスで国境越えした旅仲間、エリカさんと飲んできましたbeerbeer

Dscf2003

去年の旅では不思議と関西の人との出会いが多かったのですが、たまたま僕が大阪に来て、こうやってみんなと再会できて本当に嬉しいですdog

そして、4/29、30は久々にまともに休める2連休sign03

天気が良かったので、愛車のシボレー号(チャリンコ)で遠出してきました。

家を出る直前に、北に向かうか、南に向かうか迷ったのですが、

「とりあえず南だ!」と思い、和歌山を目指して出発dash

Dscf2008

家を出たのは午後3時。和歌山城をゴールに設定して、とりあえず行ける所まで行こうと思い、ひたすら南に向かって進みました。

途中で神社を通過したのですが、その神社の樹があまりにも気になったので、引き返してみました。

Dscf2029

とっても立派な御神木です。

樹を見上げていると、おばあちゃんが神社で参拝しているのに気がつきました。

どうやら地元の人のよう。

目があったので、「こんにちは~。立派な木ですね。」と言うと、ニコニコして「そやね~」と言って近づいてきました。

そして、

「こんな元気な若い人なんて久々に見たわ。御利益あるかもしれへんからちょっと触らせてくださいな」と言って、僕の肩に手を当てて「おおきに」と言って去っていきはりました。

あるんでしょうか・・・・御利益・・・・??(笑)

Cocolog_oekaki_2010_05_02_02_04

さらに南へ南へ。

南へ南へ・・・。

失敗でした・・・。

出発時刻が遅すぎたため、20時の時点でやっと大阪府の南端近くの樽井という町までしか行けませんでした・・・。

地図を見ると大阪府と和歌山県の県境は明らかに峠で、大きな町もなさそう。

この日は断念して、自転車をショッピングモールの駐輪場に置いて電車で帰りました・・・。

そして、翌日再アタックすることにしたのでした。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »