« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月27日 (土)

夢を見ました

夢の中でなぜか新百合ヶ丘の某商業施設で働いてた・・・。

前の仕事で担当していた商業施設の中で・・・。

夢の中で自分でも驚いていた。

なんで俺ここにいるの?会社辞めたのに・・・。
みたいな感じで(笑)

しかも、先輩や当時の上司も登場。

前の会社を辞めてからもうすぐ1年。

なんでこんなタイミングでこんな夢見たんかな。

あの職場で誰か俺の噂でもしてたのかな・・・。

「アイツ沖縄で民宿するとか言ってたけど、どうなったのかな?ちゃんと生きてんのかな?」みたいな感じで[m:206]

噂されるくらいみんなの記憶に僕が残っててくれたら嬉しいけど。

イヤな感じもなかったし、楽しい感じもなくて、
不思議だなぁ~と思いながらそのまま目が覚めました。

ただ、この夢は僕が選ばなかったもう一つの人生だったのかなぁ~なんてちょっと思ったりもします。

パラレルワールドみたいな感じで。

もしかしたら、人生ってのは1秒1秒宇宙が広がっていくのと同じように、1秒1秒次元が枝分かれしていて、今ここに居る自分自身とは違う自分が無限に存在して、それぞれが別次元の世界で生きているんじゃないかな、なんて思ったりします。
無限に存在している自分以外の自分を含めて“自分”なのかもしれないな。

夢の世界でその一部を体験したのかもしれません。

夢ってホント不思議ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

UMA

ガチャピンに、

Dscf1655

ムック。

Dscf1734

関東人からしたら化石のように見えるこんな車両達が、関西では現役で活躍しています。

僕が小さい頃は地元の駅にもこんな感じの電車が走ってたなぁ。

水色一色に塗られた根岸線が。

今は最新のカッコ良くて乗り心地も座り心地も良い車両が走っていますが、たまにこんな車両を見ると愛嬌があって良いなぁと感じます。

電車に乗って大阪城へ。

Dscf1717

お堀で何だか不思議な動物を発見・・・。

Dscf1725

これって・・・

Dscf1723

何・・・・?

Dscf1729

カワウソ?ビーバー?

でも、良く考えてみたら、ただのドブネズミのような気が・・・。

世の中不思議がいっぱいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

自分の気持ち、相手の気持ち

朝、
無性に寂しいときがある。

泣きながら目が覚めるときもある。

寂しくて寂しくて、誰かに傍にいてほしいと思ってしまうときがある。

「一人でいたい」って思うときもあるのに、「誰かといたい」って思うときもある。

自分の心なのに、明日の自分の心が分からない。

自分の気持ちなのに、明日の自分の気持ちが分からない。

ただ、なんとなく、「一人でいたい」って思ってるときの気持ちの大きさと、「誰かといたい」って思ってるときの気持ちの大きさとを比べると、僕は「誰かといたい」って思ってるときの気持ちの方が大きくて強い気がする。

「一人でいたい」って思ったときは、一人になろうと思えばすぐになれるけど、
「誰かといたい」って思ったときには、大抵誰も傍にはいない。

僕は今まで、友達や恋人が「誰かにいてほしい」と思ったときに一緒にいてあげただろうか。

「誰かにいてほしい」と思っていることに気づいてあげられただろうか。

自分の気持ちを誰かに分かってほしい、誰かに受け止めてもらいたいと思うなら、人の気持ちを分かるようにならなきゃいけない。もし相手の気持ちが分からなかったとしても、どんな気持ちかを考えるようにしなきゃいけない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

アニメオタクじゃないけれど

稲垣早希

という芸人をご存じでしょうか。

エヴァンゲリオンの登場人物アスカのモノマネをしている女芸人です。

なんかよく見てみたら結構可愛いなぁなんて思ってしまいました。

早希ちゃんファンになってしまいました(笑)

そう言えば、東南アジアから帰国して、すぐに映画館に劇場版「破」を観に行ったなぁ。

エヴァンゲリオン劇場版の次回作「Q」はいつ公開されるのかぁ。

早く観たいなぁ。

今日から3連休。

初日の今日は、昼過ぎに、これから入学する大学の学費を振り込みに行った後、自宅でそんなことを考えながらダラダラとネットサーフィンに明け暮れておりました。

あぁ、なんてくだらない日記なんだろう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月13日 (土)

大阪下町西成区。

僕は実は大阪がちょっと苦手です(笑)

なのに大阪に住んで、大阪の街を案内するツアーを企画する仕事をしてます。

交通マナーの悪さだったり、街の汚さだったり、ホームレスの多さだったり、下品だったり、嫌いなところを挙げたらきりがありませんが、大阪に住んでみて、大阪の良いところが見えてきたような気がします。

大阪には人情があります。

標準語にはない、人と人との距離をちょうど良くさせる適度な敬語があります。

比較的本音で話す傾向があります。(と言うかみんなおしゃべりなので、勝手に本音になってしまうんでしょう。)

人が気にするようなことを、あえて笑いのネタにして、逆に本人も気にせず自分のダメな部分だったり恥ずかしい部分をさらけ出せる文化があります。

「俺らが一番や!他のやつらには負けへんで!」という意気込みを持った人がたくさんいます。勘違いも大いに含みますが。

何と言うか、どことなくアジアを感じます。東アジア、東南アジアを僕は旅して“日本人”だけアジアの中で何か感覚が違う人種なんじゃないかなぁと感じていたのですが、“日本人”をひとくくりに考えること自体がナンセンスでした。

大阪は日本以外のアジアの国に感覚が近いのかもしれません。沖縄だって、東南アジアに感覚が近いような気がします。

さて、そんなことを思っている中、今日は大学入学申し込みに必要な健康診断書を入手すために近所の病院に健康診断を受けに行ってきました。

僕が住む町。西成(にしなり)区。

大阪の人に「西成区に住んでます」と言うと、「なんでそんな所に住んでるの?」と必ず聞かれます。日本のタン壺のようなイメージを抱かれている町です。

実際にホームレスとか生活保護者とかがわんさかいるのでしかたありませんが。

まぁ、インドみたいな所です。

あまりにもインドな町なので、TSUTAYAでCDを借りようとすると、「お客様のカードにご登録の住所が横浜になっておりますが、大阪に住んでることが証明できるものがないとお貸しできないことになっております。」というわけの分からないことを言われ、借りることができません・・・。(盗んだカードでレンタルする人や、レンタルしたまま、CDを売り飛ばしてしまう人が多いのでしょう・・・)

その西成区の病院に行ったのですが、看護師のおばちゃんたちが「はい、体重計乗って~、身長測るよ~、血圧測るよ~、採決は必要ないのね?、今オシッコは出る?」とテキパキ次から次へと、しかもお母さんのように言ってくるので、僕はなんだかお母さんに色々言われている子供のように健診を受けました(笑)

最後に受付で名前が呼ばれるのを待っていると、さっきの看護師さんが来て、「偉いわね~、これから大学入るの?私はもう勉強なんて嫌やわ~。頑張ってね!!」と、友達のお母さん的な感じで応援してくれました。

横浜の病院じゃこんな会話はないだろうな~。

一人暮らしをしている身としては、こういった何気ないコミュニケーションが結構嬉しかったりするもんです。

病院から帰ってきて、夕方に駐車場の脇で愛車のシボレー号(チャリ)を洗剤をつけて洗っていたのですが、たまたま駐車場に車を停めに来たおじさんが、暗い中で自転車を磨いている僕を見て、「暗いやろ?車のライト当てたろか?」と声をかけてくれました。ずっとライトをつけてもらってるのも悪いので、「あ、大丈夫です、ありがとうございます。」と断ってしまったけれども、おじさんの優しさは本当に嬉しかったです。

インドみたいな町だからこその人と人との距離感。

インドみたいな町だからこその優しさ、人情。

そんなものがあるような気がします。

ディープ大阪・西成に住んだという経験は僕にとってすごくプラスな経験だと思います。

ただ、「大阪LOVE」にはやっぱりなれませんがcoldsweats01

やっぱり僕は横浜LOVE、湘南LOVEですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

旅、旅、旅。

3/10、11の二日間で会社の社長と二人で広島・福岡に出張で行ってきましたbullettrainbullettraindash

久しぶりの広島。

最後に行ったのが社会人1年目の年だったから、2年ぶりかな。

天気はあいにくの雨。しかもめちゃくちゃ寒い。

ここのところ、旅先での天候運に恵まれてません・・・。

新幹線で大阪から広島へ向かう車窓からも季節外れの雪景色で驚きました。

広島駅に着いて、とりあえず原爆ドームへ。

Dscf1541

今の日本の“平和”を感じました。

不況だのなんだの言われてるし、不公平なことなんかもたくさんあるかもしれないけど、今の日本はきっとすごく平和なんだと思います。そのありがたさを忘れてはいけませんね。

原爆ドームの次は宮島へ。

Dscf1552

自転車で旅をしたときにお世話になったお煎餅屋さんが宮島にあるので、久しぶりに立ち寄ってみたのですが、この日はご主人がお休みで挨拶ができませんでした・・残念。

厳島神社を見て、お昼ごはんを食べに定食屋さんへ。

耳の遠いおばあちゃんが一人できりもりしているお店でした。

社長はカキ蕎麦を、僕はカキ丼を注文。

すると・・・・・・

なぜかおばあちゃんは肉蕎麦とカキ丼を持ってきました・・・。

そして社長は黙って肉蕎麦を食べていました・・・。

僕が「このカキ丼、カキの味が染みててめちゃうまいっすよ!」と言うと、

「そうゆうこと言わんといて。へこむから。」と一喝されてしまいました(笑)

Dscf1577

その後社長が「ビール!」とおばあちゃんに注文すると、おばあちゃんはタオルを持って僕らのテーブルへやってきました。

「????!・・・・・あ、おばあちゃんビールとタオルを聞き間違えたのね・・・・。。。。って、“ル”の一文字しか合ってないやん!!!」という感じに、まるで志村けんのコントのような展開で社長は失笑、僕はクスクス笑ってました(笑)

Dscf1580

焼きカキも頼んで、宮島での食事を満喫しました。

ちなみに、ロシア人らしき老人4人組の観光客もそのお店で食べていたのですが、お会計の時に、ロシア人おばあちゃんとお店のおばあちゃんが全くコミュニケーションが取れず、ロシア人おばあちゃんが僕に何かを聞いてくるのですが、それが聞いたこともない言語で、僕は英語で説明をして、それも通じず、お店のおばあちゃんは耳が遠くてなんだか良く分からない感じで、もう大変でした。

ただ、それでも全く動じずにたんたんと日本語で全部お会計をしたおばあちゃんを僕は“スゴイ”と感じました。

宮島でのカキを満喫した後は、やっぱり広島に来たら広島焼き!ってことで、宮島口から広電で再び広島の中心地へ。

Dscf1594

社長は広電を見てちょっと驚いていました。

大阪で路面電車=チンチン電車と言うと、数日前の記事に書いた阪堺電車くらいしかありません。だから、こんな最新の路面電車を見るとビックリするようです。ちなみに他の大阪人と話をしている時も「江ノ電は4両編成だし普通の電車と同じようなホームもあるし、車と一緒に道路も走るんだよ。」と話すと、「想像つかない!」と驚いていました。

Dscf1586

Dscf1588

広島焼き。

そばが入ってて、キャベツもたっぷり入っていて、あま~いオタフクソースがかかってて美味しかったです。

大阪人の社長はやっぱり、広島風お好み焼きはあまり好きではないようでした。

大阪の人は大阪以外の食事に対しては結構厳しいようです。

特に「東京行ったことあるけど、食べ物がまずかった。築地に行ったけど、魚が全然美味しくなった。」という会話を良く耳にします。

う~ん・・・。舌が肥えてるのか、それとも東京への対抗心の表れなのか・・・。

夜に旅行業界の集まりに参加して、その後再び新幹線で博多へ移動bullettrainbullettraindash

Dscf1595

やっぱりカッコイイですね。技術の結晶、新幹線。日本の宝です。

ちなみに新幹線の基になったのは小田急の特急車両で、当時、狭軌の鉄道では世界最高速度を記録しました。ビバ小田急!辞めてからこんなこと言ってるのも変だけどcoldsweats01

福岡、今回は寒かったけど、やっぱり良い街でした!!

Dscf1598

Dscf1602

Dscf1603

博多で明太子を仕入れて、大阪に帰ってきてから明太子づくしを満喫しています。

旅と食は切っても切れない関係ですね。

さて、次の旅は大阪から横浜までのチャリ旅になりそうですbicycle

一度しかない人生。今しかできないことに挑戦しよう。

6月頃になるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

新聞載りました

「新聞は読む物ではなくて、載るものだ」

先日読んだ本にそんなことが書いてありました。

というわけで新聞に載れるように行動を起こしてみました。

僕が企画段階から関わっていた「食」関連のツアーが先月末に行われたのですが、実施前に報道向けの文章を作成して手当たり次第に新聞社にFAXしまくりました。

下手な鉄砲も数打ちゃ当たる。1社が当日取材に来て、1社が電話取材。

大阪のローカル新聞と漁業関連の業界紙ですが、ツアー後に記事にしてくれましたscissors

大きな新聞社ではありませんが、僕らがやっている仕事がこうやって記事になって、新聞を通じて誰かに伝わってるんだなぁと思ったら、なんだか嬉しくなりました。

名前を言えば誰でも知っているような大企業に勤めていたら、もし自分の会社の名前が新聞に載ってても「当たり前」としか感じないものですが、中小企業に勤めてみると「俺らの仕事が新聞に載ったぞ!」と思えるもんですね。

中小企業で給料も低い中で、働く楽しさを感じるにはこういったことが必要なのかもしれません。

高校時代、廃部寸前のラグビー部をたった3人で立て直そうと一生懸命だった頃、滅多に話もしなかった何人かの先生から「頑張れよ」と応援されました。

すごく嬉しかった。

小さな組織だからこそ味わえる

大学時代、就活の時期、自分が何をしたいのかハッキリ分からなかった。

でも、「色んなことがしたい」と思ってました。

全く苦労せずそこそこの大学を卒業して、そこそこの大企業で全く関心のない不動産賃貸業を経験して、「国籍:日本」以外肩書のない流浪人を経験して、大阪のベンチャー企業を経験して、

今度は、

先生を目指そうと思っています。

と言っても、まずは教職免許を取るために2年間勉強ですが・・・。

なおちの人生の旅はまだまだ続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

一目惚れ

そう言えば、

黒島から帰ってすぐ、仕事で1泊2日で福岡に行ってきました。

惚れました。

福岡で惚れました。

福岡に惚れました。

街に惚れました。

なんだろう、直感的に“好きや”と感じてしまいました。

気温も人も温かいし、ラーメンは美味しいし。

Img_1147

1泊2日で3杯食べてしまいました。

もう、お腹パンパンhappy02

Img_1168

なぜだか知らないけど、僕は旅先でよく現地の人と間違われます。

海外でもそうだったけど、黒島でも北海道から来た観光客に道を聞かれて、今回の福岡でも外国人から道を聞かれました。

仕事の時間まで余裕があったので、地図を見ながら一緒に福岡観光。

Img_1162

陽気なブラジル人3人組でした。

話をしていて、驚きました!

この3人組、実はシルクドソレイユのメンバー!!

コルテオ福岡公演中で、その休みを利用して観光していたらしいです。

まさかそんな人達と一緒に全く知らない街を歩くことになるとは(笑)

僕は「博多ラーメンは食べた?」と聞くと、「ラーメンてなに??」みたいな表情。

せっかくなので、ラーメンレスタウランテに3人を連れていきました。

そしたら・・・・

女の子が、

「フライドヌードルはないの?スープヌードルは嫌い」・・・・。

断念して、普通の定食屋に入りました・・・。

でも、なぜか女の子は「うどん」を注文・・・。

Img_1161

出てきた品物を見て、「えっ?」みたいな感じでしたcoldsweats01

なので、うどんは男連中で食べて、他の料理を食べてもらいました。

福岡楽しかったなぁ~。

来週は1泊2日で広島の旅(仕事)ですgood

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »